模型あれこれ・・・




毎月第三土曜日、小田急線大和駅周辺で行われる骨董市で見つけた古〜い模型。
見た目はボロボロですが欠けている部品はなく、充分レストア可能な状態だったので
7〜8000円出してもいいなぁ〜と思って出展者に値段を聞いてみたところ、
「5000円だよっ」・・・う〜む・・・ちょっと買い渋るふりをしつつも心のなかではニヤリ。
ここでは値引きは当たり前なんだけど、逸る気持ちに我慢出来ずに
「ほんじゃ、これ下さい」・・・交渉すれば、もう1000円は安く買えただろうに・・・
買い物ベタな私。(^^;

全長はピッタリ60cm。一部を削ってみたところヒノキ材を使用していて
船体の厚みや内側を削りだしてある状況から自作船のようで、
単一電池二本を使用した、逆転スイッチ付フリー走行モデルです。
取り付けられた真鍮製艤装パーツから見て、昭和30年代後半〜の
代物ではと推測しているのですが・・・




その古さを表している一つが、このモーター。”T.M.Y"とモーターカン一体プレスで浮き文字が
施されています。サイズは、だいたい280クラスで、試しに単二乾電池二本(3V)を
繋いでみたら振動はあるものの元気よく回る、回る!
こんなモーター初めて見たけど誰か知っている人いないかなぁ・・・


この船をジックリと観察していると、子供の頃によく見た「模型とラジオ」や
当時の事を思い出して、なんだかタイムスリップしたような気分になる。(・_・)