オフ会参加作品集 04’7/25

RC潜水艦ばかり作っていると思われがちな私ですが、実はこんなものも・・・
どれもツインスター・メーリングリストの「水モノオフ会」、「動く戦車オフ会」へ参加するために
作ったモノばかりですが、作って動かして遊ぶ模型本来の楽しさがここにあります。(^^)


水もの
  陸もの 追加!

「S−1レーサー・スペシャル」
2001年「水モノオフ会」
S−1レース(水中モーター・レース)出場作品
全長28cm、船体重量41g
順調にトーナメントを勝ち進み、3艇による決勝戦で
全長1mに及ぶ奇船「ジャイアント・ポッキー号」に走路を
阻まれ惜しくも2位



船体は、ケミウッドからの削り出しで、ドライバーズシートや
コックピットも、ちゃんと作りこんでいます。
キャノピーは0,3mmエンビ板をヒートプレスしたもの。





「S−1レーサー・スペシャル2」
2002年「水モノオフ会」S−1レース出場作品
全長29cm、船体重量17g
速度追求のために水中翼船にしようとしたけど
直進性が悪いために翼を廃止してこんな姿に・・・
船体素材に発泡スチロールを使用したおかげで
船体重量は1号艇の半分以下でしたが、結果は振るわず・・・
と、思っていたら優勝していました。(^^;


「S−1レーサー・スペシャル3」
2003年「水モノオフ会」S−1レース出場作品
全長23cm、船体重量27g
水中モーターを半分内装し、受け狙いも考慮したモデル。
中途半端で受けもなく惨敗・・・(−−;





「Go!Go!サブロック」
2001年「水モノオフ会」水もの作品部門出品
イマイの「サブロック」をGOGOサブマリン化した作品
全長13,5cm 重量26g
自動浮沈するはずだったののに・・・
(・、・;


直径10mmの小型モーターとニッカドを搭載
乾電池から充電して遊べます。




「ハイドランジャー」
2002年「水モノオフ会」水もの作品部門出品
フジミの1/200ハイドランジャーに
「ハイドロチョット・エンジン」を搭載したモデル
走航距離、約2mとしょぼい・・・


これが噂?の「ハイドロチョット・エンジン」
RC潜水艦用ガス魚雷の技術を駆使して開発された
画期的なエンジンだったが、あまり注目はされなかった。


「俺アタックファイブ・ナンバーワン」
2003年 「水モノオフ会」俺アタックファイブ・コンテスト出品
Jr.モグラスのミサイルと機関砲二門を搭載
船体上部はケミウッドを削り出して製作。

自分ではとても気に入っているモデルの一つです。 (^ー^)


モーターは直径12mmの小型モーター
電源はアルカリ単四電池二本を使用
RCメカは、ラジカンを使用して戦車と同じ方法で
左右のモーターを制御して操縦します。

これが、なかなか良く走るんですよ〜。


「水中飛行スペースシャトル」
2002年フネカン・フェステバル出品
童友社の1/288スペースシャトルに
タミヤ製水中モーターを搭載、水中飛行するモデル。


こんな感じでスッポリ収まります。
フタになるブースターの半分はネオジウム磁石で
固定されるようになっていて、簡単に外せるように
なっています。

「S−1レーサー・スペシャル4」
2004年「水モノオフ会」S−1レース出場作品
全長27cm、船体重量29g
再び水中翼船のスタイルに拘って作ったS−1レーサー。
船体素材はスタイロフォームを使い、翼はプラバンで製作
船体の塗装は重量増加を避けるために水性カンスプレーで
簡素な仕上げにしたので、見た目がちょっと汚い・・・(−−;
レースの結果は・・・
テスト走航なしでレースに挑んだのですが、水中モーターの
取り付け位置が悪い為、浮上する前に船首に水をかぶり
スピードが殺されてしまい本領を発揮できなかった・・・残念!





「ヤマチャン・スペシャル」
2004年「水モノオフ会」俺山田コンテスト出場作品
全長23cm 重量68g(単四アルカリ電池2本含む)
非力なプロペラの推進力や構造上、重心が高くなるなどの
問題を考慮し、抵抗が少なく倒れにくい船体を作り
あえてオキシライド電池の採用を捨てて単四アルカリ電池に
して軽量化に努めて出来上がったのがこれ・・・。
と、ところが・・・
間違い無くこの「ヤマチャン・スペシャル」は、誰よりも
早かったのだけれど、まさか前転するなんて・・・
前転した「ヤマチャン・スペシャル」は、プロペラが水没して
スクリューと化し、スタート地点に向かって逆走・・・
敗者復活戦でも結果は同じでした・・・(T、T)



「RCハーバー・タグボート」
2004年「水モノオフ会」水もの作品部門出品
全長22cm RC:2ch
レベルの1/108ハーバータグボートにエポック社製
インドアレーサーのメカを搭載したモデル。
一通りのお披露目やレースが終わった公園の池で自由走航を
楽しんでいたら、お子ちゃま怪獣出現!いきなり鷲掴みされ
水面に「ボチャッ!」・・・まるでサンダとガイラ状態・・・(・。・;

2004年水モノオフ会は終わったが
オヤジの熱い夏は終わらないのだぁ・・・トホホッ



                      戻る                 陸もの