その1 


今回使用する材料は、ちょっとお高いケミウッドを
使って原型を作ります。(^^;

この段階で分割位置を決め、上下の合わせ用に
ボール盤で2ケ所貫通穴を開け片側にその径の
パイプを接着し、位置決め用のダボとします。

この後の加工は、上下合わせた状態で加工して
いきます。


基準線と輪郭のケガキを入れるのですが、加工前
に用意していた図面などを、作る大きさに拡大コピ
ーして、型紙にしておくと作業がはかどります。

DSRVには、スラスターの穴が有るのでこの段階
で開けておきます。後からでは正確に開けるのが
難しくなります。



バンドソーでカットした状態。

バンドソーが無い場合は、根性で削り込んでいき
ます。私の場合、今でこそいろんな道具や機械が
あって楽に作業出来ますが、昔は手作業で必死に
削ったもんです。(^^)

基準線は、他の部品などの取り付け位置を決める
ためにも最後まで消さないようにします。

  戻る                トップへ戻る                                      その2へ