1/80 「おやしお」


    <ベースキット>
 Robbe SEAWOLF (138ポンド)
このRobbe SEAWOLFは比較的安価であり、必要な
ものはほとんど入っています。ただもともと
ダイナミカルダイブであり、自動浮沈機構が付いて
いますので、ある程度の改造をしたほうが
良いでしょう。特に自動浮沈用レーダーマストは
カッコ悪いです。 (Robbe U-47も同じ機構です。
 ほとんど童友社のプラモと同じ・・・)
あと後部の縦舵と横舵はプロペラの後ろに位置され
ていますのでこれも近代潜水艦とは違ってます。





インターネットで得られる「おやしお」の写真から図面を
引き直し、艦体直径から割り出して1/80としました。
全長が不足でしたので塩ビパイプで延長してます。
もともと艦首
が少し尖 っていたので「おやしお」というより
「アルバコア」みたいになったのがちょっと不満です。








上部構造物はオリジナルのバキュフォームの
船体にプラバンを貼り付けて改造してありますので
非常に軽量です。各舵板はキット付属のものから
切り出してプラバンとパテで整形しました。
指令塔もプラバンを貼り付け整形、アクリル板積層
で作製した潜舵に真鍮のシャフトを通してます。
航海灯はLED製で電源表示として使っています。




WTCが小さいので航海灯点灯・前後部潜舵連動・潜望鏡
自動昇降というギミックしか搭載できませんでした。
R/C 4ch仕様、8.4V 2400mAhニッカド2個
(1個はバラストポンプ専用)、フレキシブルバラスト
タンク250cc。ほとんどWTC内は一杯です。ただ外殻
全体が軽量なので、250ccのバラスト量でも十分でした。




バラスト用チェックバルブは設置しませんでした。 
これはフレキシブルタンクに250ccフルに注水した場合
WTCの内部圧力が上がり外部水圧とあまり差が
無くなる為バラスト水の移動が僅かになるという計算
からです。さらにこの機構だとバルブ作動用サーボが
不要になります。勿論、潜望鏡深度を維持するには
時々バラストポンプで補充注水しなければなりませんが、
それほど頻繁でもありません。(浴槽試験でですが)

もし同じキットの改造を計画している方がいれば
参考になると思います。


                            RN

1/80 「おやしお」進水!


戻る