メカニズム





強制排水ポンプ(ファン)

「うずしお」に搭載していたポンプ・ファンはモーターを
直接コーティング防水していましたが、わずかに
浸水があり、定期的にメンテするなどして対応して
いましたが、今回はモーターケースを使用して
防水対策を強化しました。
FRP製のケースに二重のグリスカップリングと
シリコンパッキングで防水し、耐圧チューブを用いて
配線を通しながら艦内圧力と同じになるように
しています。
ポンプファンの直径は30mmで、ダクトとの間隙は
0,5mm、モーターは540を使用しています。















ドライブユニット

モーターは、以前から540モーターより消費電力の少ない
550モーターを使いたかったのですが、すでに販売中止に
なっていて、どうしたものかと思っていたのですが、
安売り(¥1980)の充電電動ドリルのが使えるのではと思い
購入してバラしてみたところ・・・ありました!
マブチではありませんが、550モーターです。
おまけにファンまで付いていて、巻き線の太さは
540位のものが巻かれています。
とりあえず使用してみて、結果が思わしくないときは
巻き線を変えてみようかと思っています。

減速は、京商電動ヘリのスパーギャにタミヤブラックフットの
ピニオンで、1:7,3の比率になっています。ちなみに
「うずしお」は1:11です。

※現在はハイトルク540モーター、ダイレクトドライブになっています。











ここからは、完成状態での説明に・・・(^^;

船体上部は、ロケットライナー発射扉やジュニア格納
シェルター開閉シリンダーの油圧パイプとつながって
いるので折りたたみラックを設けています。


               メカニズム続きへ





戻る