METCALF社製 U-Boat Type XXI
                     (1/48 :全長54in=162.6cm) 価格215ポンド



        ・このキットは唯一の市中に出回っているXXI型です。
        ・ゲルコートは白色つや消しの表面状態。
        ・モールド型の合わせ目から少しバリがはみ出て残っている。
        ・上下2分割の艦体はフランジ部分の仕上げが良好で、きれいに合わさる。
        ・艦体後半部で上下艦体の幅に若干差があり(事後変形?)作製時に若干修正が必要。
        ・フラッドホールや魚雷発射管門扉等は形が付けられているので穴あけには便利。
        ・艦体溶接ビードや外板取合線、あるいは点検蓋等はモールドされていないので、自前
         で彫り込む必要あり。
        ・プロペラシャフト・チューブの取り付けは何も目印が無いので、全て自分で工作する
         必要あり。
        ・各種舵にはシャフト穴だけ開いているので軸を自作してはめ込む。またモールドのは
         み出しが多く仕上げが必要。
        ・付属部品はあまり多くなく潜望鏡とかは別途購入するか自作。
        ・やはり細部の作り込みは十分な資料と材料の準備が必須。
        ・FRP製前部・後部メカ室とアクリル蓋が付属。 内容量は大きいので色々自由が利き
         そう。
        ・バラスト形式はエアバッグあるいはガス式を推奨している。
        ・船体キットのみであり、モーターやプロペラとシャフト、バラストシステム、RCメカ
         等は別途用意しなければならない。
        ・英文製作マニュアルと簡単な製作案内図一枚が付属している。 
        ・結論的にはあまり初心者向きのキットではないと言えるかも。
        ・WTCをすでに持っていれば交換外殻として有効でしょう。





箱から出したところ。部品類は全て中に入っていて
マスキングテープで巻いてある。

右舷艦首部。錨収納部と魚雷発射管門扉。




艦体上部の司令塔基部。

右舷艦尾。



艦体上部を開放。


キット全部。
(ただしメカ室アクリル蓋2枚が欠品、後日送付された)





左から後部メカ室、横舵、縦舵、水平安定板。


左から前部メカ室、前部潜舵、20mm砲塔、
デッキグレーチング(すのこ)、司令塔



司令塔クローズアップ

デッキ部クローズアップ



フラッドホール部分

デッキ部クローズアップ



左舷艦首部


戻る                         REPORT-3へ